タイトル: 食育講座<畜産編>「Foods How ?」The Tikusan Book

キーワード:

作成日: 2010/03/26 10:44:13

説明:

「肉は好き…でも肥満や生活習慣病が気になって」と、むやみに 肉を敬遠していませんか? 肉は、筋肉や血液を新しくつくり かえる栄養素「タンパク質」や「ビタミンB1」、そして「鉄」な どのミネラルを含む、食生活には欠かせない食材です。 現在、世界一の長寿国となった日本ですが、実はほんの数十年 前までは、世界の中でも短命国のうちに入っていました。つま り、長寿の秘訣は古くから伝わる粗食によるためばかりではな かったのです。ところで、日本の食肉消費量は過去40年間でな んと12倍になりました。また近年の調査では、動物性タンパク 質の摂取量の少ない国は、例外なく短命国だといわれています。 ではなぜ、動物性タンパク質をとることが長寿につながるので しょうか? 「人間は血管とともに老いる」といわれ、脳出血、脳梗塞、心筋 梗塞、高血圧などの生活習慣病は血管が老いて古くなるために 起こる病気です。この血管壁を作っているのが主にタンパク質 なのです。肉料理を食べることによって、血管壁などからだの 構成を作り変えるこの材料をとることができます。 現在、アメリカ人が1日に食べる肉の平均量が320gなのに対 して、日本人はわずかに62gです。高コレステロールも問題で すが、コレステロールは体のあらゆる細胞やホルモンが働くの に必ず必要なもので、必要量の70%は自分の肝臓で生産してい ます。肝臓の負担を軽くするには、食べ物からの摂取も大切な のです。 元気な体をつくるために、正しい肉の知識をもって、毎日の食 事に上手にとり入れていきたいものです。 素朴な 疑問 お肉を食べると元気になるね 10