タイトル: 二級ボイラー技士受験講座

キーワード:

作成日: 2010/03/25 17:23:54

説明:

 ボイラーとは,燃料を燃やし発生した熱で水を加熱し,所要の 蒸気または温水を取り出す装置のことをいい,ボイラー本体,炉, 附属品および附属装置で構成されています。炉に関しては,燃料 および燃焼の科目に出てきますので,ボイラーの構造では,この 炉を除いて学習します。  ボイラーの構造の学習要点は,次のとおりです。  ① ボイラーは熱を扱いますので,基礎知識として熱および蒸 気を知ることが大切です。  ② ボイラーは大別すると丸ボイラーと水管ボイラーに区分さ れ,他に鋳鉄製ボイラーがあります。構造における他のボイ ラーとの違い,その特徴としての長所と短所に重点をおいて 学習することが必要です。  ③ ボイラーは,高温,高圧で使用されますから,主要部分の 構造と強さを知ることが求められます。  ④ 最も重要なものが附属品および附属装置です。その目的, しくみ,動作などを詳しく知ることが必要です。最近のボイ ラーは,ほとんど自動制御で運転されていますから,この自 動制御装置についても学習しなければなりません。 学習のねらい     第1 科目     ボイラーの構造 1 か 月 目 学 習