現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

  • 認定訓練コース

講座カテゴリー

  • 全講座一覧
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • フリーメールご利用の方へ
  • 個人情報保護方針

生涯訓練コース

働き方・生き方改革講座-実践ワーク・ライフバランス-
  • NEW
講座コード: A-27

働き方・生き方改革講座-実践ワーク・ライフバランス-

個人受講料(税込) 18,360 円
団体受講料(税込) 16,200 円
個  数

カゴに入れる

 



テキストの内容を少し見てみる。


● 受講期間 3か月

● ねらい  
本気で考える。「成果のあがる働き方、幸せな生き方」とは
 グローバル競争が激化する中、世界はIoT、AIなどの未知の技術領域を迎えつつあります。
先の見えにくい状況の中、日本では少子高齢化、長時間労働、格差問題を抱え、皆が一生懸命働いてきたにも係わらず、若者が夢を持ちにくい社会となっています。職場や生活場面でも感じる、この行き詰まりをどう打破していったらよいのでしょうか。本講座は私たち一人ひとりの働き方・生き方に着目し、その改革から成果のあがる働き方・幸せな生き方を考えていきます。
社会の諸問題を知り、その対応を考える
成果のあがる企業組織や働き方を考える
働く意味、生きる意味について考える
● 講座の特色  
社会で起こっている複層する諸問題を整理して考えることができます。
生産性のあがる働き方、新しい組織マネージメント方法について学びます。
諸外国の事例、企業のさまざまな取り組み事例、いろいろな人の人生に対する考え方が満載されており、多方面から客観的に考えることができます。
自らキャリアプランを設計し、仕事と個人を両立させ自律した働き方・幸せな生き方改革について考えていきます。
● 教材構成  
・テキスト1冊
・レポート回数:3回

No. 主 な 項 目
1 序章 日本の置かれている現状
 1.日本の置かれている現状  2.日本の家族の変化と課題  3.賃金格差
 4.日本社会の問題点と日本人の意識(日本人の意識と心のケア)
第1章 幸せな人生を考える
 1.歴史に学ぶ人生観  2.日本と世界の労働観の比較
 3.自分の人生を考える
第2章 ワーク・ライフバランスを考える
 1.ワーク・ライフバランスの定義 
 2.「働く」と言うことを考える
  働く目的の変化、ダイバーシティ、働き方のフレキシビリティ、海外の事例
 3.生活する事を考える
2 第3章 企業の求める働く姿
 1.日本の企業の課題と求める姿
 2.これから求められる生きがいのある働き方
 3.日本を変える働き方  4.日本と海外の会社と個人の両立
第4章 キャリアデザインを考える
 1.キャリアプラン(キャリアデザイン)を考える  2.自分自身を分析する
 3.キャリアプランと目標をつくる  4.実行の前にキャリアプランを振り返る
第5章 自分の人生を設計する
 1.社会の変化を考える  2.仕事に生きがいを見つける
 3.多様な価値観と働き方
 4.具体的事例(ダイバーシティ、ワーク・ライフバランス、男女の活躍)
3 第6章 ワーク・ライフバランス実践のためのノウハウ
 1.ヘルスマネージメント  2.ファイナンスプラン
 3.ネットワーク(人脈)を作る  4.仕事の場以外での活躍
第7章 会社と仕事のマネージメント
 1.タイムマネージメント  2.チームマネージメント
 3.コミュニケーションを考える  4.新しい職場
第8章 会社と個人の両立の実現
 1.新しい社員像(自立する社員)  2.新しい仕事の形
終章 新たな人生を生きる

こんな講座です  
 ワーク・ライフバランスとは「働く人が仕事上の責任を果たすと同時に、仕事以外の生活でやりたいこと、やらなくてはならないことに取り組める状態」と定義されています。
 しかし、私たちは仕事以外の生活をどう充実してきたでしょうか。仕事以外の生活とは出産・育児・介護だけではありません。どうやら、私たち日本人が仕事以外の生活を大切に過ごしてこなかった結果が、社会の中での諸問題を生んでいる側面もあるようです。
 生活に対する考え方は企業が決めるものではなく、働く人一人ひとりがその人の考え方によって決めていくものです。人生は80年と言われる時代になりました。仕事だけではなく、家庭、地域、人的ネットワークを含めた自分にとっての有意義な人生の送り方を考えて選択する自律的な生き方が必要とされています。
 私たちの人生における時間は限られています。成果をあげるために長時間労働をするのではなく、時間当たりの生産性を向上して仕事における成果をあげていくことが企業と働く人の生活を両立させるのではないでしょうか。
 激動の時代をどう生きていくか、ご一緒に考えてみましょう。


 

このページのTOPへ